雨上がりのミズタマリ

科学の限界を超えて私は落下中。
ヘタリアのプロイセンを愛している目隠し萌えな高校生。
<< テガミバチ 1 (1) (ジャンプコミックス) | TOP | 雷 >>
0
       

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | | author スポンサードリンク | - | - | pookmark |
    0
         


      こんばんは またまたこまぴー☆です。


      今日の朝 20分で読みました☆xxxHOLiC 13巻


      真っ先に呼んだ父の感想が「ひまわりcが可愛くなった」だったので、
      今回もひまわりcが主なんかなーって思ってたら、


      主役交代でしたw


      13巻は「五月七日小羽ちゃん」が主でした。


      この苗字かっていいですよねー☆(そこかい)


      本題に入りたいと思います。


      ここから先はネタバレになりますので、
      まだ読んでいない方は目を閉じてください(ぇ)


      一番最初に四月一日(君)の泣き顔ドーンで、
      まだ笑顔にはなれないなーって思いました。
      最近ツバサもホリックも笑顔が切ないので。
      そしたら予想通り(っていうのもなんだか悪い)悲しかったです。
      前半が
      小羽ちゃんどんだけィィコちゃんなのでしょうか。
      たしか、彼女はまだ小学生(のハズ)で、あんなにキズだらけで・・・
      お母さんも昔はいい人っぽかったのに。
      122ページの小羽ちゃんの顔!顔!顔!せつな過ぎました。
      流石、クランプ様方最高です。

      だから、最後の笑顔がサイコウでした。

      では。
      - | 01:52 | author komapy | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      0
           
        - | 01:52 | author スポンサードリンク | - | - | pookmark |
        コメント
        コメントする










        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        トラックバック